塩ビ製タンクの修理


塩素貯留タンクから塩素が漏れ出していたので塩ビ溶接で修理を行いました。

何年か前にエポキシパテで応急処置をしたらしく...

やはり年数がたつとピンホールが開くのでエポキシパテは本当に応急処置でしかありません。


まずは、エポキシパテをきれいに取り除きます。


次に、塩ビのプレートを塩ビ溶接機で接着していきます。

これで完成です。

当社では、塩ビ製の薬液タンクやFRP製の受水槽の修理を承っております。

現在、塩ビ溶接やFRPを補修してくれる職人が不足しているみたいです。

当社は、このような職人さんが専属でいるので緊急な対応も可能です。

106回の閲覧

電解水生成装置、電解水の特徴と効果(アルカリ性電解水・酸性電解水)、電解水噴霧器

新型コロナウイルス対策、除菌のことなら株式会社SPAエンジニアリング

  • YouTubeの
  • Facebook
unnamed.png

Copyright © 2018 株式会社SPAエンジニアリング | All rights reserved.